マスカラにはまつげを長く見せたりボリュームを出す働きがあります。しかし、ダマになってしまってきれいに仕上がらないということがあるのではないでしょうか。 では、どうすればダマになることを防げるのでしょうか。 マスカラ液のつけすぎはダマの原因です。容器の中でブラシにマスカラ液を含ませたら、余分な液をティッシュで落としましょう。容器のフタでマスカラ液を落とす方もいるようですが、容器のフタではきれいに落とせないし、容器が汚れてしまいます。そのため、ティッシュを使うようにしましょう。 また、マスカラ液が劣化をしていてもダマになりやすくなります。化粧品にも使用期限があり、使用期限が過ぎたものは劣化をしている可能性があるので、使わない方がよいでしょう。使用期限が切れていなくても開封後は空気に触れて酸化が進むので、開封後はできるだけ早めに使うようにしてください。高温多湿の場所で保管をしていると劣化が進むので保管場所にも注意が必要です。